各種料金

インレー

イメージ
写真
名称 CR(コンポジットレジン)
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 保険治療法。安価。強度が劣る。色の選択肢が限られている。1年程度で着色が目立つようになる。
素材 レジン
料金 保険適用 約1,500円
イメージ
写真
名称 ダイレクト ボンディング
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 セラミックに近い材料で、強度や色、安定性が高い。審美的治療に最適。むし歯の再発リスクが比較的少ない。
素材 レジン
料金 10,000円~20,000円
イメージ
写真
名称 メタルインレー
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 保険治療法。安価。審美性に欠ける。長期間で金属が溶け出す心配がある。
金属アレルギーのリスクがある。
素材 金属
料金 保険適用
(大臼歯)約2,500円
(小臼歯)約2,300円
イメージ
写真
名称 ゴールドインレー
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 適合性、耐久性、機能性で良好。審美性に欠ける。
素材 金属
料金 35,000円~45,000円
イメージ
写真
名称 セレックインレー
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 他の詰め物と比べ審美性に優れる。天然歯と同じ硬さなので、咬み合う歯を傷つけない。
素材 セラミック
料金 35,000円
イメージ
写真
名称 耐久性 審美性 生体
親和性
機能性 特徴 素材 料金
CR
(コンポジットレジン)
保険治療法。安価。強度が劣る。色の選択肢が限られている。1年程度で着色が目立つようになる。 レジン 保険適用
約1,500円
ダイレクト
ボンディング
セラミックに近い材料で、強度や色、安定性が高い。審美的治療に最適。むし歯の再発リスクが比較的少ない。 レジン 10,000円

20,000円
メタルインレー 保険治療法。安価。審美性に欠ける。長期間で金属が溶け出す心配がある。
金属アレルギーのリスクがある。
金属 保険適用
(大臼歯)
約2,500円
(小臼歯)
約2,300円
ゴールドインレー 適合性、耐久性、機能性で良好。審美性に欠ける。 金属 35,000円~45,000円
セレックインレー 他の詰め物と比べ審美性に優れる。天然歯と同じ硬さなので、咬み合う歯を傷つけない。 セラミック 35,000円

※ご覧頂くモニターにより色味が変ります。実際の詰め物・被せ物の色とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
※料金は全て1歯あたりの料金(税抜料金)です。
※保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。
※料金は形成(詰め物、被せ物を作製するために歯の形を整えること)と型取りを含んでいます。

クラウン(自費の被せもの一覧)

イメージ
写真
名称 前装冠
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 保険治療法。安価。審美性に欠ける。レジンの部分が黄色く変化しやすく汚れが付きやすい。金属アレルギーのリスクがある
素材 レジン+金属
料金 保険適用 約8,000円
自費の場合35,000円
イメージ
写真
名称 オールセラミック
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 セラミックに近い材料で、強度や色、安定性が高い。審美的治療に最適。むし歯の再発リスクが比較的少ない。
素材 セラミック+セラミック
料金 95,000円
イメージ
写真
名称 FMC
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 保険治療法。安価。審美性に欠ける。長期間で金属が溶け出す心配がある。
金属アレルギーのリスクがある。
素材 金属
料金 保険適用 約4,000円
自費の場合 30,000円
イメージ
写真
名称 セレッククラウン
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 奥歯にお勧め。汚れも付きにくく、変色もしづらい。強度が高く耐久性が良好。
素材 セラミック
料金 65,000円
イメージ
写真
名称 CAD/CAM
耐久性
審美性
生体
親和性
機能性
特徴 保険治療法。適用する歯に限りがある。
(大臼歯には不向き)
汚れが付きやすく耐久性が低い。
素材 ハイブリッドレジン
料金 保険適用 約8,500円
イメージ
写真
名称 耐久性 審美性 生体
親和性
機能性 特徴 素材 料金
前装冠 保険治療法。安価。審美性に欠ける。レジンの部分が黄色く変化しやすく汚れが付きやすい。金属アレルギーのリスクがある レジン
+
金属
保険適用
約8,000円
自費の場合
35,000円
オール
セラミック
セラミックに近い材料で、強度や色、安定性が高い。審美的治療に最適。むし歯の再発リスクが比較的少ない。 セラミック
+
セラミック
95,000円
FMC 保険治療法。安価。審美性に欠ける。長期間で金属が溶け出す心配がある。
金属アレルギーのリスクがある。
金属 保険適用
約4,000円
自費の場合
30,000円
セレッククラウン 奥歯にお勧め。
汚れも付きにくく、変色もしづらい。
強度が高く耐久性が良好。
セラミック 65,000円
CAD/CAM 保険治療法。
適用する歯に限りがある。
(大臼歯には不向き)
汚れが付きやすく耐久性が低い。
ハイブリッ
ドレジン
保険適用
約8,500円

※レジン…歯科用プラスチック(樹脂素材)、セラミック…歯科用セラミック(陶器素料)。
※ご覧頂くモニターにより色味が変ります。実際の詰め物・被せ物の色とは異なりますので、あらかじめご了承ください。
※料金は全て1歯あたりの料金(税抜料金)です。
※保険適用の料金は自己負担が3割の場合で計算しています。
※料金は形成(詰め物、被せ物を作製するために歯の形を整えること)と型取りを含んでいます。
※保険制度により、土台を自費診療にした場合は被せる物に保険が適用とならず、自費の料金になります。

FMC金パラ合金(小臼歯) ¥22,000
FMC金パラ合金(大臼歯) ¥25,000
金パラ硬質レジン前装冠(前歯,小臼歯) ¥40,000
金パラハイブリッド前装冠(前歯,小臼歯) ¥45,000
金パラハイブリッド前装冠(大臼歯) ¥50,000
メタルボンドクラウン(前歯 小臼歯) ¥100,000
メタルボンドクラウン(大臼歯) ¥105,000
e-maxオールセラミッククラウン(前歯・小臼歯) ¥90,000
e-maxオールセラミッククラウン(大臼歯) ¥100,000
フルジルコニアクラウン (前歯・小臼歯) ¥70,000
※レイヤリングは
+¥20,000
フルジルコニアクラウン (大臼歯) ¥70,000
※レイヤリングは
+¥20,000
18Kハイブリッド前装冠 ¥80,000
18Kゴールドクラウン ¥60,000~
¥70,000
18Kゴールド4/5CK ¥55,000~
¥65,000

自費の差し歯用土台

ファイバーコア 小臼歯¥6,000
大臼歯¥8,000
ラミネートベニア
(セラミックを貼って歯を白くする方法)
¥75,000

保険外義歯

コバルトクロム金属床 パーシャル ¥210,000
コバルトクロム金属床 コンプリート ¥200,000~
磁性アタッチメント(1か所につき) ¥100,000
エステショットノンクラスプ義歯片顎 ¥100,000
エステショットノンクラスプ義歯両顎 ¥120,000~
¥150,000
コーヌスクローネ ¥250,000~
※コーヌス冠1か所につき
¥40,000

審美歯科治療

ホワイトニングホームブリーチ
(歯を白くする治療)
¥30,000
エアフロー片顎
(ヤニや渋を徹底的に落とす治療)
¥7,000
エアフロー全顎
(ヤニや渋を徹底的に落とす治療)
¥10,000

矯正治療

ブラケット矯正 ¥500,000~
ブラケット治療(顎顔面矯正治療後) ¥100,000~
¥300,000
※来院1回につき再診料と処置料
¥1,000~
¥2,500
顎顔面矯正 ¥450,000~

口腔外科治療

自家歯牙移植 ¥50,000~
¥100,000

インプラント治療

インプラント埋入上顎
(インプラントを埋める1回目の治療)
¥250,000~
インプラント埋入下顎 ¥200,000~
インプラント2次手術
(インプラントに冠をつけるための準備)
¥50,000
骨造成小範囲 ¥50,000~
骨造成広範囲 ¥100,000~
サイナスリフト片顎 ¥180,000
インプラント用TEK 1本につき ¥12,000~
インプラント上部構造(歯に相当する部分) 各クラウンの金額に準ずる
静脈内鎮静麻酔 ¥90,000~
シンプラントガイド ¥50,000~
テルプラグ ¥10,000~

その他

CT撮影 ¥15,000~

中川先生による根管治療
(自費治療について)

従来の手探りの根管治療では十分な結果が得られない難しいケースでは、保険適用外の治療法としてマイクロスコープによる精細な根管治療をお勧めいたします。他医院様からの処置依頼も承っております。閉鎖や湾曲根管など難症例、破折リーマーの除去、破折部のリペア、歯根端切除術などカールツァイスレンズマイクロスコープを用い、日本顕微鏡歯科学会認定医の中川寛一先生が処置いたします。

支払いについて

クレジット支払い

当院では自費治療に限り、各種クレジットカードでの治療費のお支払いを受け付けております。

クレジットカード

医療費控除について

医療費控除とは、自分や家族のために医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
治療にかかった費用は医療費控除の対象になります。医療費控除は医療費の負担を軽減するために設けられた制度で、一年間に10万円以上の医療費が必要になった場合に所得税の一部が戻ってきます。
本人及び生計を同じにする配偶者その他親族の医療費(毎年1月1日から12月31日までの分)を支払った場合には翌年の3月15日までに申告すると医療費控除が適用され税金が還付または軽減されます。
ただし、年間お支払いになった医療費が10万円以上でなければ対象となりません。(申告額は200万円が限度です)所得金額合計が200万円までの方は所得額の5%以上医療費がかかった場合に申告できます。

  • 医療費控除額
    (上限200万円)
  • 一年間に支払った
    医療費の総額
    その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費。
  • 保険などで
    補填される金額
  • 10万円もしくは所得金額の5%
    いずれか少ない金額

※所得税率は所得が多いほど高くなりますので、高額所得者ほど還付金は多くなります。